地方公務員を目指す人と、さらに磨きをかける地方公務員のためのブログマガジン

公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン

地方公務員(市役所)の時事問題対策

公務員試験時事問題のネタ | 頻出キーワード

地方公務員試験で侮ってはいけないものとして「時事問題」があります。

行政職員としていろんなジャンルについて知っておく必要があります。

地方公務員試験でもいろいろな方法で、この時事問題が出題されます。
時事問題と言いますが、最近の出来事だけが扱われているわけではありません。

時事問題だけでなく、行政が抱える課題や問題についても知っておく必要があります。

ここでは、地方公務員(市役所)試験の中で出題される時事問題の出題内容について解説します。
その後、公務員試験を受けるにあたって知っておいてほしい時事ネタの記事を紹介しています。

時事ネタ一覧へジャンプ

公務員試験の時事問題の特徴

公務員試験で取り扱われる時事問題は、民間企業で扱われる問題とは傾向が違います。

ココがポイント

民間企業の採用試験では「最近のニュース(スポーツなども含む)」が出題されるのに対し、公務員試験では「政治や行政に関わること(スポーツなどは含まない)」が多いのが特徴です。

地方公務員(市役所)で時事問題が出題される場所

  1. 筆記試験
  2. 地方公務員試験で時事が出題される科目
    筆記試験の中で毎年数問は出題されます。

    教養試験のみで受験できる市役所においても時事問題は出題されるので、ある程度の対策は必要になります。
    また、専門科目の「国際関係」ではほぼ時事が関係する問題が出題されます。

  3. 面接・集団討論・作文試験
  4. 面接では具体的な内容ではないにしろ、最近の出来事について関心を持っているのかを確認するために問われます。

    集団討論や作文では、時事問題だけではなく、それに関連した行政の課題などについても出題されることが多くあります。

公務員試験の時事問題のジャンル

法律分野生活・安全分野
政治分野労働政策分野
行政分野環境分野
国際分野科学技術分野
経済分野教育・文化
財政分野社会問題
社会保障重大ニュース

地方公務員(市役所)で時事対策方法

まず、国家公務員と地方公務員では出題の傾向が違うようです。

地方公務員の場合、法律分野などの出題頻度は低く、「国際分野」「経済分野」「社会保障分野」の出題頻度が高いようです(「時事コレ」(TAC出版)より)。

地方公務員は住民に近い職業だから、一般の住民の関心の高い分野が多いということでしょうか。

まず、時事問題というのは本来は速習するようなものではありません。
普段から関心を持っていることが必要です。

しかし、様々な問題に対して関心を持って、なおかつ正しく理解するということは難しいです。

筆記試験対策で時間を割かれる中で、時事問題にまで時間を使えないというのもわかります。

そこで、効率よく時事問題を対策する方法として次のことが挙げられます。

筆記試験対策は広く薄く出来事を理解する

地方公務員の筆記試験はご存知のとおり選択式です。

時事に関する問題も出題方法は選択式です。
時事に関して、正確な数値などを覚える必要はありません。

大切なのは、薄い理解でも良いから、できるだけ幅広い範囲の時事を知っておくことです。

空いた時間に時事対策の書籍を流し読みしているだけでも全然違うはずです。

ココに注意

平成30年度から教養試験内容が変更となり、以前よりも時事問題が重視されるようになりました。

関連記事

面接・集団討論・作文では時事に対する課題点や解決策を考えながら学習する

面接や集団討論、作文では、時事問題の事実を知っているだけでは対応することはできません。

面接であれば、ひとことで時事問題に関してのコメントを求められることもあるでしょう。(面接の場合は時事問題というよりも最近のニュースに関することが多いと思います)

集団討論や作文では、「時事問題に対しての問題点」や「問題を解決するための解決策」、「解決までの課題」を想い描いておく必要があります。
また、そんな中で地方公務員(市役所職員)としてどういった政策が必要なのかに結び付ける必要があります。

特に作文や論文試験では、具体的な名称や数値を記載することで、あなたが時事問題に対してしっかりと学習していることをアピールすることができます。

あなたに許された時間によっては、時事のジャンルを絞って深く知ることが重要になります。
地方公務員(市役所職員)としてできることに結論づけるとなると、外交問題などは捨ててしまい、住民の生活に関係するような時事に絞って学習するということも有効だと思います。

効率よく時事ネタを知る方法

先ほどお伝えした通り、時事ネタを速習することは難しいです。
だからといって、毎日新聞を熟読するなんてこともしたくはないはずです。

そこで、「週刊ダイヤモンド」や「週刊東洋経済」などの経済雑誌を使うのがおすすめです。

経済雑誌のメリット

  • 1週間の経済の動きをまとめてくれている
  • 社会問題から行政課題までもが特集されている
  • 特集では過去・現在・未来など時代変化も言及していることが多いので知識が定着しやすい
  • 民間で起こっていること、行政政治で起こっていることを効率良く知ることができる

私も公務員時代には新聞をやめて経済雑誌を年間購読するようにしていました。

毎日のニュースなんて今どきネットニュースで本当に十分ですからね。

ただし、1冊普通に買うと約700円くらいと高いです。
年間購読しても1冊あたり400円から500円ですからね。

そこでおすすめしたいのが、動画配信サービスや電子書籍読み放題サービスをうまく使うことです。
今の時代、動画や電子書籍のサービスに入ることは珍しいことではありませんよね。

どうせ動画配信サービスに入るなら、FODプレミアムがおすすめです。

FODは動画だけでなく電子書籍も読むことができるサービスで、週刊ダイヤモンドと週間東洋経済の両方が読み放題対象雑誌になっているからです。
月額888円でドラマや映画で息抜きできるだけでなく、ちゃんと時事対策になる情報も得ることができるのがポイント。

FODには無料のお試し期間があるので、その期間だけでも時事に関する情報を得ることができますから、まずは試してみる価値はあると思いますよ。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

公務員試験の時事対策に関連する記事一覧

レジ袋の是非

時事ネタ・行政課題

2019/4/20

レジ袋の是非 | 公務員試験の討論・論作文

環境問題でたびたび話題に挙がるスーパーのレジ袋の扱い。 今ではエコバックを使う習慣も一般的になってきていますが、プラスチック製のレジ袋を使うことはダメなことなのでしょうか。 行政として制限をかけることが適切なのか、「レジ袋を使用することの是非」について考えてみたいと思います。 ここでは、実際の意見ではなくあくまでも集団討論や論作文で出題された場合として考えていきます。 レジ袋利用のメリットとデメリット レジ袋の使用の主な問題点として「環境破壊」が挙げられます。 それでもレジ袋が使われるのは、今のプラスチッ ...

地方公務員試験時事「防災対策」

時事ネタ・行政課題

2019/4/20

災害に強い国に! | 公務員試験時事ネタ

2011年の東日本大震災をはじめ、近年日本では多くの災害に見舞われています。 他にも以前から日本は地震大国ということで、地震に対しての不安は常にありました。 最近では地震だけでなく、異常気象による水害なども頻繁に起こるようになり、地方自治体にとっても防災対策は重要であり、住民からも大きな関心を集めています。 地方公務員(市役所)試験でも防災に関する政策について問われる機会が多くなることが予想されます。 市役所の採用試験対策のひとつとして、各自治体が作成しているハザードマップなどをチェックしておくのも良いと ...

市役所時事向け地方創生

時事ネタ・行政課題

2019/4/20

地方創生 | 市役所試験時事ネタ

「地方が活躍することが大切」なんてことを聞くことが増えてきていますね。 市役所職員を目指すのなら、何が起こっているのか知っておく必要がありますよ。 数年前から聞くようになった「地方創生」という単語。 市役所の採用試験の作文や面接、集団討論などでも問われやすいキーワードです。 また、実際に市役所に採用されたあとでも「地方創生」という言葉を耳にする機会はとても多いです。 ここでは、地方創生とはどのようなことを指すのか、何を目的にしているのかをまとめてお伝えします。 「地方創生」とは ①東京一極集中を是正し、② ...

地方公務員試験時事「働き方改革」

時事ネタ・行政課題

2019/4/20

働き方改革 | 公務員試験時事ネタ

最近やたらと聞く「働き方改革」という言葉。 なんとなく働き方を変えるんだとはわかるんだけど、誰のための政策で、なんで働き方を変えなければならないのか。 ここでは「働き方改革」について簡単にまとめ、地方公務員(市役所)試験対策になりそうな部分をチェックしていきます。 働き方改革の背景 安倍政権は、4年間のアベノミクスである程度の成果を出しました。 名目GDP は47 兆円増加して9%成長 ベースアップが4年連続で実現しつつある。した。 史上初めて47 全ての都道府県で有効求人倍率が1倍を超えた。 でも、今後 ...

Copyright© 公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン , 2019 All Rights Reserved.