地方公務員を目指す人と、さらに磨きをかける地方公務員のためのブログマガジン

公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン

仕事内容

最適な決裁用認印

仕事内容

2019/8/6

【印鑑】会社員・公務員が決裁に使う承認印におすすめの書体やサイズを解説

会社員や公務員の事務仕事で欠かせないのが印鑑ですよね。 単なる職場内での情報共有のための回覧から、稟議や決裁など重要な文書まで印鑑を使うシーンは多くあります。 いろんな人の印鑑を見ていると、会社員や公務員はどんな印鑑を使うべきか気になりませんか? 私は回覧や通知文書など簡単な文書と決裁文書とで印鑑を使い分けていました。 印鑑は仕事で良く使うものだから良い道具を使いたいものですよね。 ここでは、会社員や公務員が使う最適な承認印についてお伝えしていきます。 会社員や公務員が印鑑を使う目的 職場で印鑑を使うシー ...

市役所は定時で帰れるなんて言うのは妄想

仕事内容

2019/2/24

市役所は定時で帰れるなんて言うのは妄想です | 公務員残業代の実態

公務員、特に市役所の職員って楽そうというイメージをお持ちの方も多いと思います。 半分正解で半分不正解です。 もちろん定時で帰れることもありますが、残業もそれなりにあります。 ここでは、公務員の中でも市役所の職員の残業についての実態についてお伝えしています。 管理人の略歴システムエンジニアとして約3年勤務し、その後某市役所に約15年勤務。市役所では係長までを経験。 民間と公務員を経験した体験から実情をお伝えしています。 公務員の勤務条件 国家公務員であれ地方公務員であれ、勤務時間などは法律や条例によって定め ...

地方公務員(市役所)の役職を解説

仕事内容

2018/10/29

地方公務員(市役所)の役職(階級)の違いを解説 | 目安年齢も

地方公務員(市役所)試験を目指す人にとって仕事内容を知ることも大切ですが、実際に市役所に入ってからどんな役職についてどんなポジションで仕事をするのかも気になりますよね。 そこで、ここでは実際に私が勤務していた市役所をベースに、市役所職員の役職や仕事内容についてお伝えします。 ただし、ここでお伝えできるのは一例であり、自治体によって役職名称や目安となる年齢は違うことに注意してください。 あくまでも目安としてお考えいただければと思います。 市役所では部をトップとした組織が一般的 一般的な市役所の組織としては上 ...

地方公務員(市役所)での学歴の扱い

仕事内容

2018/10/26

地方公務員(市役所)での学歴の影響度 | 採用や仕事内容の違い

地方公務員(市役所)試験を目指しているものの、自分の学歴で採用されるのだろうか。 採用されたものの学歴によって待遇は違うのか不安。 そんな人も多いと思います。 結論から言うと、私が勤務していた市役所では学歴による違いはほとんどありませんでした。 ここでは、市役所における学歴の取り扱いについてお伝えします。 採用試験の受験資格に学歴の記載はない 市役所の採用試験にはご存知のように、「上級」や「初級」、「大卒程度」や「高卒程度」などの区分がありますよね。 でも実際の募集要項を見てみても、上級試験は大卒でないと ...

市役所で仕事ができない人

仕事内容

2018/10/26

市役所で仕事のできない人たち | 悲しき末路も

もっとも市民との距離が近い市役所職員。 そんな市役所の職員に対していろんなイメージを持っているひとがいると思います。 「大変な仕事だ」「楽そうな仕事」「誰でもできる」「仕事できない奴の集まり」などどちらかというとマイナスなイメージを持たれていることが多く感じます。 ここでは、十数年市役所に勤務して感じた仕事ができない市役所職員にはどんな人がいたのか紹介してみたいと思います。 仕事ができない市役所職員の特徴 目的を見失っている人 目的を見失っている人には2パターンあります。 上司の顔色ばかり見ている人 公務 ...

Copyright© 公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン , 2019 All Rights Reserved.