地方公務員を目指す人と、さらに磨きをかける地方公務員のためのブログマガジン

公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン

「公務員のすすめ」について

アイキャッチ画像無
公務員のすすめ(以下「当サイト」という)は、「これから地方公務員を目指す人」と「自己研鑽をしたい既に地方公務員の人」のお役に立てる情報を提供することを目的としています。

当サイトは、主に管理人と監修協力者の2名で運営しています。
管理人は元地方公務員、監修協力者は現役の地方公務員で、ふたりとも民間企業での勤務経験があります。

そのため、当サイトに掲載している情報は、運営者2名の主観が多分に入っているものの、「実体験に基づいた情報」または「現役の地方公務員との繋がりの中で得た情報」の中から守秘義務に抵触しない範囲のリアルな公務員情報をお伝えしていきます。

また、これからの地方公務員に必要となるであろう情報についても主観的な意見も含めながらお伝えしていきたいと考えています。

関連記事

新たに地方公務員を目指す人へ

2018年現在、ここ数年の有効求人倍率を見ると、1倍を超えることが多く雇用環境としてはとても良い状態が続いています。
そんな状況であっても、上場企業のうち人気の高い会社の内定競争倍率は数百を超えているなど、偏りがあることが伺えます。

雇用環境が改善しているにもかかわらず、地方公務員を目指す人は依然として多く、雇用環境が改善する前と比べてもあまり変化がないかもしくは競争倍率が上がっているような状況です。

そのような状況の中で、地方公務員試験に挑戦しようとしている人にとって、情報はとても重要になってきます。

また、試験対策に関する情報だけでなく、地方公務員になりたい理由を明確にするためにも、地方公務員の現状や今後などの情報を提供することで、受験者の方のお手伝いができればと考えています。

民間企業から地方公務員への転職を目指す人へ

民間企業から地方公務員への転職を目指している人の理由は様々だと思います。

もしかすると公務員の方が楽だからと考えている人も多いかもしれません。

実際に、中途採用枠の採用試験の倍率は通常の採用枠と比べると圧倒的に高い傾向にあります。

仮に、民間企業の仕事よりも公務員仕事の方が楽だったとしても、地方公務員に採用されるのは相当な狭き門であることは間違いありません。

当サイトの主な運営者2名もわずかな期間ですが民間企業での勤務実績があります。
そのような経験に基づいた体験談などお役に立てる情報も掲載していきたいと考えています。

既に地方公務員の人へ

働き方改革というワードが世間を賑わすようになり、民間企業では副業を解禁するという流れが起こっています。

この流れは当然、公務員にも波及することが予想されます。
ただし、副業という枠の中では民間企業よりも制限を受けることになるはずです。

そして、実際に公務員の副業が解禁される時期も不透明な状態です。

また、定年を迎える人や別の道を進むために公務員を辞めようとお考えの人もいらっしゃいます。

もしくは、まだまだ地方公務員としてスキルアップを目指してバリバリやっていきたいとお考えの人も大勢おられると思います。

そのような中で、当サイトでは公務員の副業に関することや退職に備えておくべき情報、スキルアップの参考になるような情報についても掲載していきたいと考えています。

情報参考サイト

Copyright© 公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン , 2019 All Rights Reserved.