地方公務員を目指す人と、さらに磨きをかける地方公務員のためのブログマガジン

公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン

地方公務員(市役所)面接の服装




面接対策

地方公務員(市役所)面接の服装のポイント

地方公務員(市役所)採用試験は年々人物重視になっていると言われています。

人物を評価するとき、まず気にすることと言えば、そうです「見た目」ですよね。

あなたにも経験があることでしょう。
はじめて出会った異性に対して、第一印象は大変重要です。

逆に言えば、面接官に良い印象を持ってもらうために服装を少し工夫や努力をするだけで、他のライバルに差をつけられるとしたら・・・

ここでは、地方公務員(市役所)採用試験のときの服装やマナーについてお伝えしていきます。

面接に最適なスーツの着こなし

市役所面接の服装例
特別な決まりはありませんが、一般的な就職活動向けの服装なら問題ありません。

ワイシャツやブラウスは、白がベストだと思います。
どうしても白が嫌な場合は、ワイシャツなら薄いブルー、ブラウスなら薄いピンクなどが良いと思います。

スーツは男性なら「紺かチャコールグレー」女性なら「黒かチャコールグレー」です。
本来はビジネスで黒のスーツを着ることはありません。(日本では黒を着ている人をよくみかけますが)

男性の場合は、紺かチャコールグレーであれば清潔さをアピールすることができます。

女性の場合は、紺のスーツというのはあまりありません。(制服のようになってしまう)
黒かチャコールグレーが最適です。

ネクタイは派手になりすぎないように注意が必要です。
無難なところでは、無地かストライプです。

ストライプの場合もあまり色数が多くならないようにしましょう。

特にダメな色というのはありませんが、落ち着いた色のものが良いと思います。

靴は黒が無難でしょう。
茶系のものでも不快ではありませんが、黒の方がより誠実さを演出することができます。

女性の場合は、高すぎるヒールは絶対にやめておきましょう。
キビキビとした動作ができるよう歩きやすい高さのものにしましょう。

学生の方はあまり気にしていない人が多いようですが、スーツの靴下に白やスニーカーソックスはNGです。
面接以前に、世間知らずだと思われるだけです。
(個人的な意見ですが、私が面接官なら確実に落とします)

腕時計とカバンはビジネスに合ったものを選ぶ

面接にふさわしい腕時計
そもそも腕時計をする必要があるのか無いのかというところですが、今でこそ携帯電話やスマホなどいつでも時間を確認することができるようになりましたが、昔は違いました。

ですから、ビジネスマンには腕時計は必須と考えられてきました。
今でもビジネスシーンで時間を確認するときにスマホなどを利用することはマナー的にはよろしくないという考えもあります。

面接では待機時間なども含めてあなたの行動は見られていますから、スマホを取り出すことはできるだけ避けた方が良いでしょう。

そのためにも腕時計をした方が安全だと言えます。

腕時計をする場合でも、アウトドアで活躍するようなものではなく、ビジネスシーンにふさわしいデザインのものを選ぶようにしましょう。

他にも、高級なものや派手な腕時計は避けるようにしましょう。
古い人の中には若いうち(半人前)のときから高いものを身に着けることを嫌う人がいるからです(汗)

面接にふさわしいカバン
最近ではスーツにリュック、クロスバイクで通勤なんて姿を見かけることも多くなりました。

しかし、本来スーツに合わせるべきはブリーフケースが適切です。
特に、面接を受ける立場であることを考えれば、ラフな格好で挑むことが相手を不快にさせることは想像できると思います。

安価なブリーフケースも多く販売されていますから、採用試験用に購入しておくことをおすすめします。

髪型は特に誠実に見えるように

もっとも気を付けて欲しいのは、「髪型」です。

髪型は相手の印象に残りやすい部分です。
誠実さと清潔さを演出できるような髪型にしておく必要があります。(茶髪に抵抗のある年代も面接官にはいます)

真面目過ぎかなと感じる程度でちょうど良いと思います。

地方公務員(市役所)面接の服装のポイントまとめ

服装については受験者の中でもいろいろな意見があると思います。

しかし、大前提として「あなたは試される側」、面接官は「あなたを試す側」ということをまず理解し、TPOを意識した服装にしましょう。

服装が不適切であるだけで、あなたの内面を見てもらうチャンスを失ってしまっては後悔しか残らないのです。

-面接対策

Copyright© 公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン , 2019 All Rights Reserved.