地方公務員を目指す人と、さらに磨きをかける地方公務員のためのブログマガジン

公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン

仕事中の眠気対策




生活・ビジネス

仕事中最大にして最強の悩み!眠気を吹き飛ばす方法

仕事中にあくびが出たり、眠気を感じた経験はありませんか?
ほとんどの方が経験しているかと思いますが、仕事中の眠気は問題になりがちです。
眠気が影響して仕事の効率が落ちるだけでなく、大きなミス・トラブルに繋がるおそれもあります。
様々なデメリットを生みますので、仕事中の眠気は吹き飛ばすことが欠かせないでしょう。

誰もが経験する仕事中の睡魔の怖さ

脳機能低下
業務中の眠気は誰もが経験しますが、様々な弊害を及ぼしかねません。
特に恐ろしいのが、何らかのミスをしても気付かなくなることでしょう。

眠気は脳の働きを阻害し、判断能力を低下させることはご存知かと思います。

通常は些細なミスをしてもすぐに気が付きますが、眠い状態が続くとそれすら気付かなくなるのです。

小さなミスならまだしも、大きなミスが後々問題になるリスクもあります。
現場作業などの場合、怪我や事故に繋がることもあるでしょう。

仕事中に眠いと業務効率が著しく低下する

仕事をミスしたときのイメージ
眠気がある状態では仕事のパフォーマンスも低下してしまいます。
先にお伝えしたとおり、ミスに繋がるリスクも潜んでいますが、それよりも業務効率の低下がネックとなるでしょう。

通常時の作業効率が100だとすれば、眠気がある時は70か、それ以下に落ちてしまいます。

普段ならすぐに終わる仕事であっても、眠気が邪魔をして中々終わらないケースも珍しくありません。
スケジュールに狂いが生じたり、タスクが中々終わらなくなってしまう可能性もあるでしょう。
会議中に眠気を感じたら、会議の内容が頭に入らず苦労することも考えられます。

長期的に影響を及ぼす場合もあるため、眠気を感じたらすぐ吹き飛ばすことが大切なのです。

仕事中に眠くなったときにおすすめの眠気解消術

仕事中の眠気対策
では、どのように眠気を飛ばすべきでしょうか?
もし仕事中に眠くなった場合、次のような方法で眠気を解消してみましょう。

カフェインを摂る

カフェインを摂取することで眠気が解消される場合があります。
コーヒーなどに含まれているカフェインですが、脳を覚醒させる作用があるため効果的です。
ただし、過剰に摂取すると中毒症状が出たり血圧に影響するため、コーヒーなどの飲み過ぎには注意しましょう。

昼休み中に仮眠を取る

もし午後からの仕事に備えたいなら、昼休みを利用した仮眠をおすすめします。

仮眠を取ると脳の働きが良くなり、パフォーマンスが上がると言われています。
午前中に眠気を感じたら15分程度時間を作り、ゆっくり寝ると良いでしょう。

しかし、30分以上寝ると逆効果になるため、短時間に留めることが大切です。

体温を下げる

眠気を感じている時は、体温が高い状態です。

例えば、冬に暖かい部屋などで眠気を感じやすくなるのは体温が高いためです。
そのため、体温を下げることで眠気が無くなり、心身ともにリフレッシュできます。

冷却シートで手首や首筋を冷やしたり、冷たい水で顔を洗ってみると良いでしょう。

ガムを噛む

眠い時は脳を刺激することもおすすめです。

最も手軽な手段はガムを噛むことで、少しずつ眠気が覚めていきます。
噛む行動は脳を刺激すると言われており、更に集中力を高めてくれます。

ただし、仕事中のガムを禁止している職場も多いので注意が必要です。

ツボを刺激する

人間には様々なツボがありますが、眠気を解消するツボもあります。

例えば親指の人差し指の間にある合谷(ごうこく)は、指圧することで体の血行が良くなります。
血行が良くなれば眠気も覚めるため、眠い時に刺激してみましょう。

ストレッチを行う

デスクワークなど、同じ姿勢で仕事をしていると筋肉が緊張して血流が悪くなります。

そして眠気へと繋がるため、こまめにストレッチをするのもおすすめです。
手や足を伸ばしたり、体全体を伸ばしてみましょう。

椅子の高さを変更する

デスクワーク中の方は、椅子の高さを変更してみるのもおすすめです。

いつもとは目線が変わるほか、姿勢が違うので血流が変化します。
ただし肩こり・腰痛が生じる場合もあるため、数センチの変更に留めておきましょう。

-生活・ビジネス

Copyright© 公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン , 2019 All Rights Reserved.