地方公務員を目指す人と、さらに磨きをかける地方公務員のためのブログマガジン

公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン

仕事で出世するために意識したい5つのポイント | 成功の秘訣




生活・ビジネス

仕事で出世するために意識したい5つのポイント | 成功の秘訣

長く働いていると、出世を意識することもあるかと思います。
しかし、出世できる人もいれば、逆に出世が遅かったり、できなかったりする人もいます。
もちろんポストが詰まっているパターンも考えられますが、考え方次第で出世ペースが変わるのです。

出世は正当な評価の結果とは言いませんが、自分を磨いておくことはとても重要なことです。

ここでは、仕事で出世(成長)するために必要なことを5つに絞ってお伝えしています。

ポイント① 言い訳をしない

言い訳はカッコ悪い
出世する人や、早い人の多くは、もし仕事でミスをしてしまった時でもすぐに非を認めます。
基本的に誠実であり、どのような責任も追う、というスタンスなのです。

一方、出世できない人の大半は、何か仕事でミスをした時に言い訳をしてしまいます。
時にはそれが必要な場面もありますが、それを聞く側にとってはネガティブに移ってしまうのです。

自己保身と思われてしまい、自身の評価にも大きく影響してくるでしょう。

出世を意識するならば、どのような場合においても言い訳をしないことです。
言い訳が無くなれば相手に誠実だと思ってもらえるようになり、自身の社内評価も高くなります。

とっさに言い訳する癖が付いている方は、特に注意しておきましょう。

ポイント② 自分にあった時間管理術を持つ

時間管理
しかし、言い訳が無くなるだけで出世できるとは限りません。

出世ができる人の多くは仕事ができる人であるべきです。

日頃の業務における評価も関わってくるため、仕事の生産性・効率も高めなくてはいけないでしょう。
例え誠実な人であっても、仕事ができなければいつまで経っても出世はできません。

仕事の効率などを高めるために欠かせないのが時間管理です。
出世するためには、仕事での実績が重要な鍵を握りますが、時間の管理が不適切だと非効率なままです。
時間を有効活用し、仕事で実績を作り上げる手段を考えなくてはいけません。

ただし、時間の管理方法は沢山あります。
スケジュールに具体的な業務を書く、時間に余裕を設けるなど、自分に合った方法を取り入れるようにしましょう。

スマホなどの時間管理ツールを活用するのもおすすめです。

仕事ができる人は、業務に必要な時間などを把握しており、管理も非常に得意です。
職場で参考になる人がいれば、その手法を盗んでみるのも良いでしょう。

ポイント③ ロジカルシンキングを身に着ける

論理的なイメージ
ロジカルシンキングを覚えることも出世に好影響を与えるでしょう。

初めて聞く方もいらっしゃると思いますが、ロジカルシンキングとは論理的な思考を可能にするための手法・考え方です。

複雑化した問題を紐解き、シンプルに道筋を立てたり、問題点を紐解くことで、問題の検証と解決へと導き出します。

ビジネスにおいてはとても重要な思考法で、身につけると論理的に物を考えられるようになります。

感情的にならず、論理的に考えることで、ビジネスにおける物事の本質が見えるようにもなるでしょう。
一見難しいように思えますが、取り入れることで物事を客観的に見る目が養われます。

いずれにせよ、論理思考が様々な場面で役立つことに違いはありません。

似た考え方としては、クリティカルシンキングというものがあります。

これは批判的な思考を意味する言葉で、問題を紐解くプロセスなどはロジカルシンキングとほぼ同じです。
しかし、ビジネスにおける思考法はロジカルシンキングが主流になっています。

ポイント④ 人間関係を常に良好に保つ

職場のチームワーク
出世をすると、多くの部下や従業員のトップに立つことになります。

リーダーとしてまとめ上げていくスキルが求められますが、その成否を決めるのが日頃のコミュニケーションです。
職場の人間関係は非常に複雑ですが、出世しても円滑に業務を進めるなら、良好な人間関係を保つことに注力しましょう。

出世後の成功に関わってくるのは部下との信頼関係です。
出世すると今までとは立場が変わり、様々な指示を出したり、調整を行ったりするようになります。
しかし、人間関係を軽視していると、そうした業務に支障が生じてしまうのです。

出世を意識するなら、日頃から部下とコミュニケーションを取っておきましょう。
その結果が出世後に大きな影響を及ぼします。

ポイント⑤ 失敗を成功に変える努力をする

仕事を成功させる
これが最も重要なポイントです。

人間は誰しも失敗してしまうもので、皆さんも仕事でミスをした経験があるはずです。
その失敗を引きずってしまう方も少なくありませんが、「失敗は成功の元」です。

失敗した時こそ、成功に変えるチャンスでもあるのです。

失敗の原因を分析する

しかし、失敗を失敗のまま終わらせてしまうと、結局は自分に何の恩恵ももたらさないでしょう。

何かミスを犯した時は、その原因を分析することが重要です。

失敗を忘れてしまうと、結局自分の成長には繋がりませんし、同じミスをする危険もあります。

失敗を分析すれば様々な問題点なども見つかり、あなた自身の成長にも繋がっていきます。

逆に失敗を振り返らず、一過性で済ませてしまうのは大変もったいないでしょう。
成長へと繋がる格好の機会なうえ、今後の成功を左右する貴重な経験でもあるからです。

ミスを犯した時は一度立ち止まり、原因を分析する癖を付けましょう。

決定的な事前準備が不可欠

しかし、失敗の原因を分析しただけでは何の意味もありません。

その分析結果を次へ活かさなければいけないのです。
このため、次に成功させるためには準備が欠かせないと言えるでしょう。

ただし、準備が不十分だと再び失敗するリスクはあります。
同じミスをすることは好ましくないため、絶対失敗しないと言えるような準備は必須でしょう。

失敗を糧にするならば、分析と準備を欠かさないことです。
そうすることが自身の成長にも繋がります。

視点を変えて新たな発見を目指す

ミスをすると視野が狭くなってしまうこともありますが、より広い視点で見るようにしなくてはいけません。
いったん視点を変えることで、そこから新しい知見やヒントを得られる場合もあるのです。

一つのことに固執すると、再び失敗してしまう可能性も否定できません。
同じ失敗を繰り返すパターンにも繋がるため、別の視点から見ることは重要性が高いのです。

ただし、別の視点から見ても新しい発見に繋がるとは限りません。
自分の考え方が影響する場合もあるため、普段とは違う考え方で失敗を分析することも重要です。

常に情報収集をすることを忘れずに

そして失敗を成功へと変える最大の秘訣が情報収集です。

常に情報収集を行えば次の失敗リスクを下げることができ、成功への道筋も見えてくるようになります。
事前準備にも役立ちますので、様々な情報を集めて活かしていきましょう。

ここでポイントになるのは、「失敗から得たヒントを元にすること」、「更に成功に役立つ情報収集を行うこと」です。

役立たない情報は成功の鍵とならず、逆に失敗リスクを高めてしまう場合もあります。

常に情報収集するとともに、捨て去ることも意識することが重要です。

-生活・ビジネス
-

Copyright© 公務員のすすめ | 元市役所職員のブログマガジン , 2019 All Rights Reserved.